固定電話の歴史 TOP

このサイトについて

携帯電話が隆盛を迎えた現代でも、従来の固定電話はその使命から根強い需要があります。
昨今は、街中の公衆電話も見かけることが少なくなり、テレフォン・カードなどを使って公衆電話から電話をかけている人の姿を目にすることも少なくなりました。
しかし、一般家庭ではまだまだ固定電話がしかるべき場所に「鎮座」して、その存在感を誇示しています。
では固定電話とはどう言うものなのでしょうか。

固定電話とは携帯電話に対しての呼称であり、OAB~J方式により電話番号を与えられた有線式の加入電話を指すと定義されています。
この固定電話には公衆電話やIP電話が含まれます。
また、一般家庭に設置された固定電話を「家電(いえでん)」と呼ぶことがあります。
ちなみに、昭和30年代前半前後までは、地方都市においては固定電話の番号は「4567」などと言った、ほとんど4ケタの番号でした。
固定電話については電気通信事業法により、取り扱いは電気通信事業者に限定されています。そして、警察や消防署など、国民の生活を守る役割を担う官公庁については、100番や119番を受電が認められており、その受電によって固定電話の位置を速やかに知ることができます。

なお、貸金業者については貸金業法の規定によって、貸金業の登録免許(貸金業登録簿)に記載する電話番号は固定電話のみとされています。
 

    LIST

    おすすめ情報

    経費削減に最適なプランが見つかるおとくラインのモバイル向けサービスを考えているなら、携帯電話や会社の固定電話のプランを見直すだけでコストダウンが可能なのでオススメです。
    契約電話回線から発信する際、一般の電話番号の代わりにフリーコールスーパーを考えているなら、【0120・0088】番号を相手先のナンバーディスプレイなど、発信者番号表示機能のある着信側端末などに通知するサービスがあるのでオススメです。
    土日祝、夜間のメンテが可能で、トナーの自動発注が出来るリースのコピー機を考えているなら、初期の費用が抑えられるから運転資金に余裕が持てて、会社にあった最新機種を使い続けられるのでオススメです。
    社内の連絡を定額料金で通話料を無料にするおとくラインにより料金の削減を考えているなら、FAXの送信も同様に通話料が無料に出来るので、頻繁に業務で使用する会社にとてもオススメです。
    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.