固定電話の歴史 TOP

このサイトについて

携帯電話が隆盛を迎えた現代でも、従来の固定電話はその使命から根強い需要があります。
昨今は、街中の公衆電話も見かけることが少なくなり、テレフォン・カードなどを使って公衆電話から電話をかけている人の姿を目にすることも少なくなりました。
しかし、一般家庭ではまだまだ固定電話がしかるべき場所に「鎮座」して、その存在感を誇示しています。
では固定電話とはどう言うものなのでしょうか。

固定電話とは携帯電話に対しての呼称であり、OAB~J方式により電話番号を与えられた有線式の加入電話を指すと定義されています。
この固定電話には公衆電話やIP電話が含まれます。
また、一般家庭に設置された固定電話を「家電(いえでん)」と呼ぶことがあります。
ちなみに、昭和30年代前半前後までは、地方都市においては固定電話の番号は「4567」などと言った、ほとんど4ケタの番号でした。
固定電話については電気通信事業法により、取り扱いは電気通信事業者に限定されています。そして、警察や消防署など、国民の生活を守る役割を担う官公庁については、100番や119番を受電が認められており、その受電によって固定電話の位置を速やかに知ることができます。

なお、貸金業者については貸金業法の規定によって、貸金業の登録免許(貸金業登録簿)に記載する電話番号は固定電話のみとされています。
 

    LIST

    おすすめ情報

    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.