固定電話 太平洋戦争終戦から1950年代にかけて

固定電話 太平洋戦争終戦から1950年代にかけて

第2次世界大戦の終了時には、日本の通信インフラはほとんどが破壊され壊滅状態でした。
終戦後の1940年代から1950年代にかけて、朝鮮戦争特需や経済復興の兆しが顕著となってきた中で、固定電話の需要は急速に高まりを見せました。
しかし、通信インフラの整備が需要に追い付かず、固定電話加入の申し込みをしても2年以上待たされると言った状態が続きました。
政府(電話局)の方針として、官公庁や法人(企業)、そして商売をしている商店への優先割り当ても、一般家庭への固定電話の設置に時間がかかる背景でもありました。
そこで政府は一般家庭に固定電話が普及するようなるまでの間、「委託公衆電話」と言うユニークなシステムを取り入れるようになりました。

この制度は1952年に始まり、電話局がお店などに電話を設置させてもらい、管理を委託すると言う制度でした。
この制度で使われた公衆電話が後の「赤電話」や「ピンク電話」の走りになったと言われています。同時に、「呼び出し電話」と言う制度も始めました。
これは電話をかける人は公衆電話を使って、電話で話したい人の近所に固定電話を持っている家庭やお店に電話をかけます。
そして、相手は呼び出してくれる家庭やお店から「XXさんに電話ですよ。」と呼び出してもらい、電話で話をする訳です。
そして、XXさんの家の電話番号が電話帳に掲載されると、XXさんの電話番号の後ろに「呼」を書かれました。
そのために、この制度を「呼び出し電話」と言っていました。
 

    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.