固定電話の特徴

固定電話の特徴

携帯電話が広く普及した現在でも、一般家庭においては必要不可欠とも言える存在となっている固定電話。では、固定電話の特徴にはどんなものがあるのでしょうか。大きく分けて下記の4点が挙げられると思います。

1. 固定電話を設置するには、光ファイバーや従来の銅線による電話回線の引き込みや配線が必要となります。

2. 固定電話を設置する場合は、申し込みの際に割り当てられた電話番号に付加する各種サービス(フリーダイヤルや着信履歴など)を利用できます。

3. 固定電話の場合は設置する場所が特定されているために、「03は東京都」、「06は大阪府」などのように、市外局番と市内局番からかけられた地域が判別できます。このことは携帯電話よりも固定電話の方が信頼性が高いとされており、許認可や契約については固定電話の番号を記載しなければならない場合があります。一例として貸金業登録には固定電話の電話番号しか記載できません。

4. 固定電話は携帯電話に比べて通信回線が安定していますので、音声帯域が広く高音質な会話をすることが出来ます。
昨今の携帯電話の技術の進歩には目を見張るものがありますが、固定電話は前述のようにかけられた地域が特定できるなどの利点があり、今後も電話通信の陰の主役を務めてゆくと思われます。
 

    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.