固定電話の現状と将来

固定電話の現状と将来

ある調査機関の固定電話に関するアンケート調査によると、下記のような回答が結果として浮かび上がってきました。その質問と答えは意外なものでした。
固定電話を設置していない人に対して、「月額基本料などが安くなったら固定電話を導入したいと思いますか?」と聞いたところ、下記のアンケート結果となりました。
1.「安くなっても設置しない」 約77% 
2.「20代の男女」 約90%が設置しないとの回答
3.「女性」 約80%が設置しないとの回答

また、「固定電話の将来について」の質問には、男女合計:約24%、男性:約27%、女性:約21%の人達が「なくなると思う」と回答しました。その反面、「固定電話はなくならないと思う」と答えた人(男女合計)が約76%に及びます。

「なぜ固定電話を使用しているのですか?」と言う質問に対しては、下記の答えが返ってきました。
1.「インターネットを使用するために仕方なく利用している」:約25%
2.「Faxとインターネットで使用している」:約30%

そして、「将来は固定電話の解約を検討しますか?」とも問いに対しては、約20%の人達が「解約を考えている」と答えています。

現在、自宅に固定電話を設置していない人は全体の15%程度と言われています。将来は携帯電話の更なる普及に伴い、固定電話の加入者数は減少してゆくものと推測されます。
しかしながら、固定電話の通信における信頼性と音質の良さなどから、携帯電話隆盛時代に押され気味ながらも、その必要性は再認識されることと思われます。

    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.