固定電話の歴史

固定電話の歴史

昭和30年代前半までは一種のステイタスシンボルとしての存在感を誇示していた固定電話。
固定電話の歴史はいつごろまで遡れるのでしょうか?
固定電話の原理は1844年にマンゼッチ(Innocenzo Manzetti)が論文として発表し、1876年にグラハム・ベルが電話の特許を取得した事に起源があります。

一説によると、グラハム・ベルの特許取得以前に、ドイツのライス(Johan Philipp Reis)や米国のグレイ(Elisha Gray)達の方が早く固定電話機を発明していたとも言われています。
その後、グラハム・ベルによりAT&Tの前身であるベル電話会社を設立され、電話の技術開発や普及に尽力しました。
そして、1876年には電話交換機が発明され、1879年には発明王エジソンによってカーボンマイク式電話機が発明されて、これがその後の固定電話のベースとなりました。

日本においては1878年に国産初の固定電話機が制作され、1899年には東京と大阪間が本邦初の長距離通話として開設されました。
この1899年は、日本における電話加入者数が1万を越えた年でもあります。
その後、電話交換手による送受信の時代を経て、ダイヤル電話(自動交換方式)へと固定電話は進化してゆきます。
そして、1952年のステップ・バイ・ステップ交換機、1955年のクロスバ交換機、1982年のデジタル交換機を経て現在に至っています。

ちなみに1979年には日本全国の電話の自動化が100%完了しました。

    Copyright(C) 固定電話の歴史 All Rights Reserved.